ページトップ

FUTAGAMI

NEWS

2011.10.31

FUTAGAMIの職人を募集してます。

futagami_chuzou.jpg


株式会社二上の「FUTAGAMI」ブランドの職人を募集しています。
鋳造部門の募集となります。

経験・年齢は不問です。
FUTAGAMIの商品が好きで、ものづくりに熱意がある方であれば。
一緒に長くこの商品達を作り上げていける方を希望しています。

原型を用いて砂型を作り1100°の溶けた真鍮を砂型に流し込み成形する。
決して楽な仕事ではなく、危険も伴い、男性の方でしか出来ない仕事です。

「FUTAGAMI」の商品は通常の真鍮鋳物が行う表面の「磨き」「メッキ」「塗装」を施さず、「鋳肌」そのもので勝負している商品です。
砂型から出したままの鋳肌は、焼き物で例えると、炎と土の表情がそのまま現れる備前焼きの焼き締めの器に近いといえます。
真鍮を型に流し込んだときに現れる流れや焼けの跡など、一つ一つ違う鋳肌の表情・存在感の魅力は、株式会社二上でしかできない技術です。

「FUTAGAMI」の商品は磨いて表面処理をしないので、まったく誤魔化しがききません。
普通の真鍮鋳物は少々鋳物が悪くても表面を磨いて整えることができますが、「FUTAGAMI」はそれはできません。
鋳肌を滑らかな表情に仕上げるために、非常に鋳造が難しい細かい砂を用いて砂型をつくります。後々表面を磨いて整えることが出来ないので、砂型をどれだけ正確につくることが出来るかにかかっています。
湯(溶けた真鍮)の温度調整や原料の調合も他の真鍮鋳物の比でないくらい細かい調整が必要です。
これは高岡鋳物400年の伝統に支えられ、且つ今初めて生まれた技術でもあります。

こんな古くて新しい技術を一緒に未来に繋げていきませんか?

下記のアドレスに「応募_鋳造部門_○○○○(○は名前)」というタイトルでメールにてご応募ください。
詳しい募集要項をご連絡いたします。
info@futagami-imono.co.jp

よろしくお願いいたします。


リストへもどる